【お米の実験室】古米にマヨネーズでご飯が美味しくなる!?

お米の実験室,やぎぬま,米,東神楽,旭川,北海道,ご飯,北斗米

やぎぬまでは、定期的にお米の食味試験を実施しています。

今回は、「古米にマヨネーズを加えて炊くと美味しくなる」という情報をキャッチし、さっそく興味本位で試してみました。

それでは、実験開始です!

【お米の実験室】古米にマヨネーズでご飯が美味しくなる!?

マヨネーズ,米,ご飯,古米

古米にマヨネーズを加えることで、「マヨネーズに含まれる油により、お米の一粒一粒がコーティングされ、つやが出てふっくら感が高まる」とのこと。

本当なのでしょうか?

実験内容は次の通りです。

①使用するお米は北斗米ゆきのつや
②古米にマヨネーズ(1合に対し大さじ1)を加える
③炊き方は通常どおり。(水加減普通、約1時間浸漬)
④普通に炊いた古米と、マヨネーズ入りの古米で比較

 

マヨネーズ,米,ご飯,古米

なんと、写真を取り忘れるという初歩的なミスを犯してしまい、この写真しかありませんでした。

マヨネーズを入れたお米のアップ写真などをお見せしたかったのですが、申し訳ありません!

マヨネーズを入れて炊いた結果

結果発表

通常      45.8点
マヨネーズ入り   48.3点

※味・外観・粘り・甘み・香り・柔らかさの総合点を100点満点で採点

 

古米なので、そもそもスコア自体が低いのですが、マヨネーズ入りの方が評価が高かったです。

【社員の声】
①通常
・パサパサしている
・粘り少ない、硬い

②マヨネーズ入り
・つやがあった
・ふっくら感があり、パサつきがない
・独特の後味や匂いを感じた
・見た目でマヨネーズがわかる

マヨネーズを入れて古米を炊いた考察

考察

マヨネーズを入れて炊くことで、つやが出て見た目が良くなりました。古米特有のパサついた感じも緩和され、思っていたよりも効果を感じることができました。

ただ、1合に対して大さじ1では多すぎると感じました。炊き上がりのお米に少しマヨネーズが残り、見た目でわかる感じになるとともに、後味や匂いも少し感じました。

小さじ1ぐらいがちょうど良い量なのかもしれません。

 

米,農家,古米

たまに農家さんから直接、1俵2俵などまとめて買って、時間の経過とともにお米の味が落ちてきたという声を聞くことがあります。

また、精米後1ヶ月以内に食べきるのが美味しく食べられる方法として推奨しておりますので、食べきれずに古くなってしまった時にも良いかもしれませんね。

今回の実験があなたのご参考になれば幸いです。

 

今後も旭川のとなり町・東神楽町から、お米に関する情報発信を続けてまいります。どうぞよろしくお願いいたします

それではまた次回!

 

お米の実験室,やぎぬま,米,東神楽,旭川,北海道,ご飯,北斗米