【お米の実験室】巷で話題の「お米を美味しく炊く方法」を試してみた

米,北斗米,食味試験,やぎぬま,東神楽,旭川,米屋

やぎぬまでは、定期的にお米の食味試験を実施しています。

前回の様子はこちら

今回も5台の炊飯器をフル稼働させて、壮大な実験が始まろうとしています。

 

その前に・・・

それっぽい雰囲気を出すために、

勝手に「お米の実験室」と名付けました。

どうぞ、よろしくお願いします(*・∀・)

 

それでは、さっそく実験開始です♪

 

巷で話題の「お米を美味しく炊く方法」を試してみた

「お米を美味しく炊く方法」などのタイトルで、いろんな小技をインターネット等で見かけますよね。

本当に美味しく炊けるのだろうか?

あなたは、なにか試してみたことがありますか?聞いたことはあるけど、試したことはないという人も多いはず。

そんな疑問にお応えして、実験してみました。

品種はすべてゆめぴりかで実験。米,北斗米,食味試験,やぎぬま,東神楽,旭川,米屋まずは、
①日本酒(3合に対し大さじ3)
日本酒を入れると、米の甘みが増して、ふっくらと美味しいご飯になるとのことです。

米,北斗米,食味試験,やぎぬま,東神楽,旭川,米屋

②みりん(3合に対し小さじ3)
みりんを入れると、ツヤが出て美味しくなるそうですよ。

 

米,北斗米,食味試験,やぎぬま,東神楽,旭川,米屋

③はちみつ(3合に対し小さじ1.5)
はちみつは甘みが増し、保水性があるので冷めても硬くなりにくいようです。

米,北斗米,食味試験,やぎぬま,東神楽,旭川,米屋

④氷(2つ)
氷は吸水性を高め、ツヤツヤふっくらしたご飯になるようです。

米,北斗米,食味試験,やぎぬま,東神楽,旭川,米屋

⑤無し(何も入れずに炊く)
通常通り、愛情コメて炊き上げました。

米,北斗米,食味試験,やぎぬま,東神楽,旭川,米屋

それでは食味試験開始。

すべてのお米を食べて、5段階で評価します。

 

米,北斗米,食味試験,やぎぬま,東神楽,旭川,米屋

カキカキ・・・

 

ふむふむ。

 

そうかそうか。

 

ははーん、なるほどね。

 

米,北斗米,食味試験,やぎぬま,東神楽,旭川,米屋

実験、終了。

 

結果発表

それでは、さっそく結果を発表します。

①日本酒
・においがきつめ。
・酒独特の苦味があった(特に冷めた時に感じる)。

※日本酒は、少量で炊くのが良いのかもしれません。今回の実験ではイマイチな結果に終わってしまいました。


②みりん
・思ったよりも変化を感じられなかった。普通に炊いたゆめぴりかとさほど変わらない。

※みりんが一番変化がなかったです。


③はちみつ
・甘みが増した。美味しい。
・はちみつの甘い風味を少し感じる。

※美味しいという声がありましたが、甘すぎるという声もあり、意見が分かれました。これも少なめの方が良いかもしれません。


④氷
・甘みが増したように感じる。
・ツヤがある。
・手軽でやりやすい

※一番評価が高かったのが、氷でした。実用性があって良いねという意見も多数。


⑤無し
意外にも3番目に高い評価。やはり食べ慣れた普通の炊き方が口に合うのかも。

おすすめは氷を入れて炊く!

氷を入れて炊くのが一番美味しいという評価でした。く前に氷を2つほどポチャンと入れるだけなので手軽でおすすめです。

ぜひ、試してみてくださいね。

お米の実験はこれからも定期的に行います。次回もお楽しみに♪

米,北斗米,食味試験,やぎぬま,東神楽,旭川,米屋