【効果抜群!】新電力+省エネで電気代がグンと安くなる

省エネ,節電,節約,新電力,エネワンでんき,やぎぬま

新電力に切り替えれば、ほとんどの方は電気代が下がりますが、やはり一人一人の省エネも大事です😊

限りあるエネルギー資源を大切に使いながら、電気代もお得になるのが良いですよね💡

新電力のお話は、固定費の観点から前回ご説明しました。【固定費を見直して身軽になろう】

そこで今回は、無理なくできる省エネのお話です。

省エネの節約効果を知る

省エネ,節電,新電力,電力

電気の省エネには、「こまめに電気を消す」「主電源を切る」「エアコンの温度を2℃下げる」など、いろいろな方法があります。

しかし、一つ一つの取り組みが、どの程度の効果があるのか?それがわからないとあまり実感できないですよね🤔

具体的にいくらぐらいの節約になるのかを知り、無理なく取り組めるものを選択し、実践するのが効率的です。

では、具体例をご紹介します。

照明器具

白熱電球(54W)をLED電球(9W)にした場合

💡1台の年間節約金額 約2,680円

冷蔵庫

ものをいっぱいに詰め込んだ状態から半分に減らした場合

💡1台の年間節約金額 約1,310円

洗濯機

できるだけまとめ洗いにする(定格容量の4割→8割

💡1台の年間節約金額 約5,000円
※これは主に水道代の省エネ効果です。(水道代4,820円の省エネ)

温水洗浄便座

使わないときはフタを閉める

💡1台の年間節約金額 約1,040円
※フタを閉めた場合と開けっ放しの比較

便座の設定温度を「中」から「弱」にすると、さらに790円の節約

炊飯器

使わないときはプラグを抜く

💡1台の年間節約金額 約1,360円
※1日に7時間保温し、プラグをコンセントに差し込んだままの場合と、保温せずにコンセントから抜いた場合の比較

・炊飯器の使い方としては、保温時間を短くすることが一番の省エネです。食べる時間に合わせてタイマー予約をうまく使いましょう🍚

・保温するよりも、冷凍保存の方が省エネにもなり、ご飯を美味しく食べることができますよ❗️過去記事「ごはんを美味しく保存する方法」参照

実践!おうちで省エネ

省エネ,節電,節約,新電力,エネワンでんき,やぎぬま

前回の記事でお話したように、一つ一つは小さくても積み重なると大きくなります🗻他の省エネ方法もまだまだたくさんありますので、意識次第でどんどん変えていくことができますよ!

具体例をいろいろとご紹介しましたが、これらは経済産業省・北海道経済産業局が発行している「おうちで省エネ」という冊子から引用させていただきました📚

小さな冊子とはいえ、46ページもあり、今回紹介しきれなかった具体例がまだまだたくさん記載されています。圧巻のボリュームです❗️

省エネ,節電,節約,新電力,エネワンでんき,やぎぬま

たとえば冷蔵庫の省エネで言えば、「冬場は冷蔵庫に入れなくても日持ちする野菜」などを紹介していたり、上手な電気製品の使い方まで細かく丁寧に書いてあります。スゴイ!😮😮

すでに何度かご案内していますが、7月21日(日)にアルティモール東神楽店にて、エネワンでんきの無料相談会を開催します💡

今回、引用させていただいた「実践!おうちで省エネ」を、会場に遊びに来てくれた方にプレゼント🎁させていただきます♪

数に限りがありますので、『「おうちで省エネ」をください』と声をかけてくれた方だけに特別にプレゼントいたします🎀

すでにエネワンでんきに切り替えている方も、もちろんOKです!

新電力や省エネに関心があるあなたのお役に立てれば幸いです😊

利用できる仕組みと省エネを組み合わせて、暮らしを豊かにしていきましょう。

くらしのとなりにやぎぬま

エネワンでんき,電気代,固定費削減,東神楽,旭川

 

省エネ,節電,節約,新電力,エネワンでんき,やぎぬま