毎月、米の食味試験を実施しています!

やぎぬまでは、お米に関するお客様の質問にお答えしたり、お一人お一人に合ったお米をご提案するために、定期的に食味試験を実施しています。

今回は、最近実施した食味試験の様子をお届けします。

今回の食味試験の内容

食味試験は、最大5台の炊飯器を使用していろんなパターンで食べ比べます。

毎月内容を変えて実施していますが、

今回は・・・

銘柄:北斗米ななつぼし

・玄米
・三分づき
・五分づき
・七分づき
・白米

※写真左からこの順番で並んでいます。

これらを食べ比べます。

今回は精米の仕方がそれぞれ違うので、炊き方が難しかったのですが、

うまく炊けていて一安心。

米,北斗米,食味試験,やぎぬま,東神楽,旭川,米屋

玄米には見事なカニ穴ができていました。

上手に炊けたサインですね♪

炊飯を担当した東くんが完璧に炊き上げてくれました。

 

食味試験スタート!

米,北斗米,食味試験,やぎぬま,東神楽,旭川,米屋

炊きあがったご飯は、米の配達員精米担当者で食べます。

あ、もちろん、おかずはありませんよ(笑)

米,北斗米,食味試験,やぎぬま,東神楽,旭川,米屋

五種類すべてを同じ皿に乗せ、

味、外観、粘り、甘み、香り、柔らかさの各項目を5段階で評価します。

 

真剣に評価用紙に記入しています。

その後、みんなでちょっとしたディスカッションも行いました。

結果まとめ

米,北斗米,食味試験,やぎぬま,東神楽,旭川,米屋

 

  • 白米、七分まではあまり変わらないが、五分から急に香りや食感が玄米に近くなる。
  • 七分は艶や香りも白米とさほど変わらず美味しく食べられるが、冷めたら少しパラッとする。
  • 七分は味が濃い気がする。弁当でも大丈夫。
  • 五分は七分に慣れていれば食べやすいかも。冷めると玄米の香りがする。
  • 三分、玄米は、皮が口の中に残り、好みが分かれる。
  • 玄米おいしい!私は大好きです!(経理の女性も飛び入り参加)
  • 玄米は炊きたてでもパラパラしており、独特の香りがある。

 

米,北斗米,食味試験,やぎぬま,東神楽,旭川,米屋

点数の集計をすると、粘り柔らかさは当然ながら白米の点数が高くなります。

したがって、今回はあまり点数自体は重要視していませんが、

ひと際目を引いたのが味の評価で七分づきが白米を上回るという結果でした。

 

お弁当でも問題ないという方も多く、小さなお子さん歯が弱い方でも食べやすく、挑戦しやすいと思います。

白米と比べても食物繊維が豊富で栄養価が高いのも特徴です。

興味がある方は、白米と玄米のいいとこどりと言われる、

七分づきからチャレンジしてみませんか?

気になる方は、お気軽にお声をかけてくださいね。

今後も食味試験の様子は皆様にお伝えしていこうと考えていますので、次回もお楽しみに♪